動物性食品をあまり食べないようにするダイエット

私は今食事制限のダイエットをしています。今まで色々な食事制限の方法のダイエットをしてきました。低炭水化物ダイエットやローフードダイエットやマクロビオティックダイエットなど、色々してきました。私は色々な食事制限のダイエットをしてきて思ったのは、動物性食品をあまり食べないようにすると、痩せやすくなるような気がしました。動物性食品とは、牛肉や豚肉や鶏肉やラム肉などの肉類や、お魚や貝類やイカやタコや魚卵などの魚介類、牛乳やチーズや生クリームやバターなどの乳製品などです。肉類は脂が沢山付いていて、あまり健康に良い感じがしないのであまり食べないようにしています。肉類を食べる時は、鶏肉のささみや胸肉の皮を取ったものを食べています。鶏肉のささみは脂が殆ど付いていないので、淡泊な味ですが、高タンパク低脂肪なのでダイエットのメニューに向いています。でもただ湯がいて塩やポン酢を付けて食べると美味しいですし、レタスやトマトやタマネギやセロリや人参などの生野菜のサラダにトッピングして食べるのも美味しいです。鶏肉の胸肉も同じように食べています。お魚も脂身が多いですし、貝類やイカやタコや魚卵はプリン体が多い気がするので、ダイエットをしている時はあまり食べないほうが良いかなと思います。魚介類は高タンパク低脂肪ですが、プリン体が多いのと塩分も高いので、体がむくみやすくなってスタイルが悪くなるような気がします。そして乳製品も脂肪が多いので、ダイエットをしている時は食べません。元々乳製品は日本人の体に合わないというのをどこかの健康のサイトで見たというのもあり、ダイエットをしていない時もほとんど食べないようにしています。肉類と魚介類と乳背品は、ほとんと食物繊維が含まれていないので、そういったところもダイエットに不向きだと思います。逆に植物性食品は食物繊維が豊富ですし、ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれているので、ダイエットに向いている食品だと思います。植物性食品は野菜やフルーツやドライフルーツやナッツや穀物や豆類や海藻類などです。こういった食品だけを使った食事でも、ちゃんとタンパク質と糖質と脂質の三大栄養素をしっかりと取ることが出来ます。毎日の食事は玄米ご飯や野菜サラダや温野菜や生のフルーツや大豆を煮たものやお豆腐やおから、そして海藻サラダや昆布の煮物やめかぶ、おやつはフルーツやドライフルーツやナッツなどを食べると良いです。こういった食事をしていると自然と体重が減っていきますし、肌も透明感が出て綺麗になります。ダイエットをするには動物性食品をあまり食べないようにすると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です