痩せるサプリダイエットでは意識的に筋肉を動かして代謝アップ!

特に筋トレをしたいわけではなくむしろ筋骨隆々なのは苦手な私ですが、ダイエット目的で唯一筋肉に注目したものがあります。それは、太ももの筋肉を鍛えて代謝をアップ、脂肪燃焼を促進しダイエットに繋げるというものです。身体の中でもひときわ大きな太ももの筋肉、大腿筋やハムストリングは筋肉量をより増やすことで、体のゆがみの改善に繋がったり基礎代謝や脂肪燃焼を促進させるというのです。
私はもともとインドア派で非アクティブなので、脚は筋肉がみられずのっぺりとしています。どちらかと言えば脚は細いほうですが、動かないのでむくみがあり血色も悪いので見栄えが良くありません。10代の頃はとにかく細くて真っすぐな脚が良いと思っていましたが、近年は程よい筋肉と曲線美を備えた健康的な脚が美脚と言われるようになってきました。そんな美的意識も作用して、太ももの筋肉を鍛えてみることにしたのです。
脚の筋肉を鍛えると言えばスクワットが定番です。しかし、私のような筋トレ素人が見よう見まねでやっては膝や腰を痛めてしまいそうなので、スクワットはしません。まずはとにかく歩くことから始めました。犬を飼っているので、毎日1時間ほど散歩はしていました。その散歩の時間をたラダラ歩くのではなく、太ももの筋肉を意識しながら自分なりにキビキビ歩くようにします。キビキビ歩くようにすると自然と背筋が伸び、腕をしっかり振る歩き方に変わっていきます。それだけでも散歩終りの疲労感が増し、有意義な運動になりました。
外出時も、できるだけ歩く手間をかけるようにしています。田舎なので車移動が基本ですが、ショッピングモールなど大きなお店ではエレベーターやエスカレーターではなく階段を使うようにしました。
さらに、お店に限らず自宅でも階段をのぼる時は足先でのぼるようにしています。ヒール靴を履いている場合は危険なのでしませんが、かかとを浮かせて土踏まずから先だけをステップに乗せてのぼります。脛の筋肉に負荷がかかっている感じがあり、また足先だけでのぼると膝も曲がるので何となく大腿筋にも負荷を感じます。余裕があれば階段を一段飛ばしで足先で上がり、より負荷がかかるようで大きな階段では結構な運動になります。
日常生活のありきたりな動きばかりですが、筋肉に対する負荷を意識して動かすことで感じる運動量は格段に増えました。太ももの筋肉を鍛えることで代謝が上がったのかどうかは自覚しづらいですが、脚のむくみや血色は改善され、全体的に引き締まってきたように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です