海外の痩せるサプリまとめ!気になるダイエットサプリの安全性と効果

痩せるサプリは日本製だけでなく海外製品も人気があります。世界各国、肥満は健康を損ねますし、美しいプロポーションは憧れです。そのため、海外でもダイエットのためのサプリがたくさん販売されており、美と健康の追及に余念がない日本の女性たちの間で注目が集まっています。ただし、購入方法や情報量が日本製品と違うため以下の点に注意が必要です。

・悪質な業者、粗悪品もある
・日本の通販とは違う購入方法を使う
・成分が強いこともある

もちろん、良いものもたくさんありますし、安全に購入できることが多いのですが、リスクもあるのは事実。リスク管理は日本でお買い物をする時以上にしっかりとすることが必要です。ここでは、人気が高く、良い評判の多い海外の痩せるサプリを紹介します。

天然成分が使われている海外の痩せるサプリ

海外のサプリは効果が高いといわれており、副作用も心配されていますが、天然成分を使ったものであればリスクも低めです。植物由来エキスや日本でも知られている成分などで、効果と安全性を両立させましょう。

マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー

アメリカの痩せるサプリで、食事で摂取した炭水化物の吸収をブロックする効果が期待できます。おいしく食べて体重管理もしたいという人に向いているサプリです。ファセオラミンという白インゲンエキスに含まれる成分が炭水化物が糖に変えられ、脂肪として蓄積されるのを防ぎます。

特に強い副作用はありませんが、豆のアレルギーを持っている人は注意が必要です。服用は、1日に4カプセルまでとなっており、食前に飲みます。

モリンガカプセル(Moringa Capsule)

豊富な栄養素が含まれるスーパーフード、モリンガのサプリです。モリンガはインドの伝統医学アーユルヴェーダでも取り上げられています。タイのサプリメントですが、ハリウッド女優にも愛用されています。便秘の解消やダイエット効果、アンチエイジング効果、リラックス効果などが期待でき、ダイエットとして使う場合には、体脂肪の燃焼と悪玉コレステロールの抑制に活用できます。ビタミン類が13種類、ミネラルは7種類、アミノ酸は18種類と栄養素の種類もバランスも申し分ありません。

朝と夜の2回、1~2カプセル使用します。医薬品ではなく、天然成分で作られているため、副作用のリスクは低めのようですが、大量摂取によって便通が良くなりすぎることがあります。

フーディア p57(Hoodia p57)

フーディア p57は、食欲抑制効果が期待できるタイのサプリです。痩せるサプリとして日本でも話題となり、テレビでも紹介されたことがあります。天然の「フーディアサボテン」から抽出されたエキスが食欲抑制する働きは医学的にも認められています。

天然成分なので、強い副作用が起こるリスクは低いものの、過剰摂取は避けた方が良いでしょう。1カプセルの服用で、20分~30分後に満腹感が感じられます。

メラトリム(Meratrim)

メラトリムは脂肪の燃焼とアンチエイジング効果が期待できるサプリメントです。スファランサス・インディクスとマンゴスチンから抽出したメラトリム配合成分が、脂肪とコレステロールの分解を進めます。マンゴスチンはフルーツの女王とも呼ばれており、スファランサス・インディクスとともに摂取することで相乗効果が期待できます。スファランサス・インディクスは、インドのアーユルヴェーダでも使用されている植物で、皮と花びらからエキスを抽出しています。

どちらも天然の植物由来成分で、比較的副作用のリスクは少ないといえます。自然なダイエット効果を持っており、臨床試験ではサイズダウンの結果もありますが、サプリだけで痩せるのではなく適度なエクササイズを併用する方が効果的です。

海外で人気の医薬品成分が入った痩せるサプリ

海外の痩せるサプリを探していて出会うことが多いのは、日本では市販が認められていない成分を含んだタイプです。日本とは法律が違うため、海外製痩せるサプリは日本ではサプリとして販売できないものも多くなります。

リポドリン(Lipodrene)

脂肪の燃焼と満腹感を得る効果が期待できる香港の痩せるサプリです。脂肪燃焼には緑茶抽出エキスとカフェインを、満腹感には「フーディア」が効果を発揮します。また、「エフェドラ エキストラクト」という発刊作用と食欲抑制効果を持つ成分も含まれています。これは、医薬品にも使われており、漢方薬の生薬にも入っている成分です。効果が強いため即効性も高く、なかなか落としにくい下半身の皮下脂肪などにも良い効果があるといわれています。

服用は1日の4錠を上限に、食事の後に飲みます。錠剤なので、半分にカットして飲むこともできます。副作用としては、動悸やむかつき、頭痛などが起こることがあります。カフェインが入っているため、夜就寝前の服用は避けた方が良さそうです。また、妊娠中や薬の服用中の人は利用にあたって医師に相談する必要があります。

ゼニカル(Xenical)

アメリカのFDA(厚生労働省のような機関)で認められているダイエット医薬品です。食べた脂肪の吸収を阻害して、分解と排出を促進します。ダイエット成分は「オーリスタット」というもので、リパーゼの作用を抑制することで脂肪をカットしています。ゼニカルの働きは、摂取した食品の脂肪に対してであり、すでについている体脂肪には効果的ではありません。

食べたいけど体重の増加が気になる人や食欲を抑えられない人に向いています。

毎食1錠ずつの服用で食事の脂肪をカットします。医薬品であり、サプリよりも強い働きが予想されるため、飲みすぎに注意が必要です。便の出が良くなりますが、お尻から脂が漏れる、生理用ナプキンを当てる必要があるといった口コミも聞かれます。

また、副作用として吐き気や胸の痛み、呼吸障害のリスクがあります。症状が出たら早急に医師の診断を受けましょう。さらに、脂溶性ビタミン類などの吸収が悪くなることもあります。

海外の痩せるサプリの購入方法は

海外の痩せるサプリを購入するには、個人輸入が基本となります。個人輸入は通販とは違うものですが、今では代行業者のサイトを利用することで通販のように購入することができるようになりました。また、サプリではなく医薬品でも比較的手軽に手に入れやすくなっています。ただし、個人輸入にはいくつかの注意点があります。

注意点1:個人輸入は自己責任

個人輸入で痩せるサプリなどを購入した場合には、外国の販売元との直接取引となり、代行業者の責任は問えなくなります。

商品が届かない、違うものが届いたなどのトラブルが起こった時に泣き寝入りとなる可能性もあります。そのため、代行業者は有名で、口コミなどの評判の良いところを慎重に選ぶことが大切です。

注意点2:個人輸入は自宅宛に

個人輸入は、業務用ではなく個人が自分で使うために利用するシステムです。代行業者が間に入っても、販売元と個人の直接取引と言う形になっています。

そのため、個人輸入を利用する際に、あて先を自宅ではなく勤めている会社や施設にしてしまうと、個人輸入と認められず、商品が税関で止められる恐れがあります。

海外の痩せるサプリまとめ

海外の痩せるサプリには、効果の高いものや日本にはない成分のものなどがあります。これを上手に利用することでダイエットをより効果的に進められるでしょう。ただし、海外の製品は、自己責任での利用が基本となるため、用法用量を守って安全に利用することが大切です。副作用についてもしっかりと理解した上で使いましょう。

情報提供サイト様⇒痩せるサプリ公式

流行のケトン体ダイエットを行ってみました。
ケトン体とは主に脂肪が分解されてできた栄養素でブドウ糖(グルコース)と並ぶ人間のエネルギー源です。
昔は「脳のエネルギーになるのはブドウ糖だけ」といわれていましたが、今ではケトン体も脳のエネルギー源として働くこともわかっています。
むしろブドウ糖をエネルギー源として使うよりもケトン体をエネルギー源として使う方がダイエットに有効なだけではなく、アルツハイマーの予防や脳の活性化、心臓病やその他の慢性疾患の予防、改善に役に立つのではないかと言われています。
そもそも人間の身体というのは原始時代からほとんど変化していません。
しかし人間の中身は変わっていなくても、農耕をするようになったり、機械や産業の発展によって外側の環境というのはとてつもない早さで変化してきました。
今の現代人が抱えている身体や心の病気、肥満などは生活様式の変化に自分自身の身体が対応できていないことによって起こっているんではないかと言われています。
そこで原始時代の時に摂っていた食事で本来の身体を取り戻そうというのがケトン体ダイエットです。
今でこそ炭水化物が人類の主食と言われていますが、農耕がおこなわれる前はむしろ炭水化物は果物などたまに食べるくらいで、主に脂質やタンパク質を狩猟等で確保しケトン体が主に人間のエネルギーになっているといわれています。
また脂質を多めにとることはもちろん大事なことですが、脂質であれば何でも良いという訳ではありません。
まずケトン体ダイエットの話になると毎回出てくるココナッツオイルが非常に効果的です。
ココナッツオイルの脂質は中鎖脂肪酸といって、脂質の中でもケトン体に変化しやすいという性質を持っています。
またオメガ3の油を豊富にとることも良いことです。
オメガ3が豊富に含まれている食材としては、ナッツ類、アボカド、オリーブオイル、エゴマオイル、魚があげられます。
逆にとってはいけない油としては、マーガリンや揚げ物の油はトランス脂肪酸といって身体に有害な成分が入っているのでなるべく避けましょう。
皆さんもケトン体ダイエットを実行して本来の人間の身体に適した食生活を行ってみてください。

テレビの影響を受けてか青汁ダイエットを始めると言った友人。
始めてから3ヶ月、3kg痩せたようだ。

今更青汁ダイエット?と思ったし、あんな飲みにくいもの続くの?と言った。
今は青汁もまずくないよーと話していた。
いろいろネットなんかの情報を参考にして選んだ青汁は、実際思ったよりもジュースのような味わいではなかったらしい。
クチコミではジュースみたい!お茶みたい!とあったけど、彼女か選んだものは、それなりに「青い」味がしたそうだ。
それでもまぁ続けられない味ではないと言うことで、晩御飯前に飲むことに決めたそうだ。
本当は一食の置き換えダイエットをすればもっと効率が良いそうなのだけど、食事が楽しみな彼女にとって、それはつらい。
とりあえず帰宅したら青汁を作って、それを飲みながら着替えたりご飯を作ったりしていると話していた。
初めは牛乳で飲んでいたけど、青汁そのものにコストかけてるからその上牛乳となると高くつくと1ヶ月も経たないうちに水に変更。
結果これもカロリーオフになったのではないだろうか。
見た目には全然変化を感じられなかったけれど、彼女はお通じのサイクルが良いということを喜んでいた。
2ヶ月めに入り、1kg減ったらしい。
毎日の食事で増減するものの、そのベースが確実に1kg減ったとのこと。
そこから約ひと月で2kg落とした。

う、羨ましい!
継続は力なりを感じた瞬間。
飽きもせずよくぞ毎日同じものを飲み続けることができるなぁと感心するばかり!
自分は毎日コンビニで買うお茶のペットボトルさえ、日々違うメーカーのものを買っている。
新しいものが出たら試す。
2日同じものを選ぶことはほとんどない。
(自分だったら置き換えダイエットは絶対に無理!)
晩ごはん前に飲むことで多少満腹感?が感じられるのか、お米の量が少し減ったかもと話していたのが印象的。
青汁だけじゃなく、ちゃんと食事改善もできているじゃないか・・・。
元々そんなに太っていたわけではないけど、確かに顔がすっきりしたようす。
痩せたのか、はたまた青汁の栄養素か何かでお肌の調子が整っているのか・・・とにかく効果がきちんと現れている感じがした。リバウンドを恐れていて、とりあえず1年くらいは飲み続けてみるというから、本当すごい。
こういうきちんとした人がモニターやクチコミにおいて「効果があった!」と言えるのだろう。
ああそれにしても羨ましい!
運動しなくて痩せられるって理想!
運動せずに痩せるためには結局食事コントロールしかないのかな。

私は今食事制限のダイエットをしています。今まで色々な食事制限の方法のダイエットをしてきました。低炭水化物ダイエットやローフードダイエットやマクロビオティックダイエットなど、色々してきました。私は色々な食事制限のダイエットをしてきて思ったのは、動物性食品をあまり食べないようにすると、痩せやすくなるような気がしました。動物性食品とは、牛肉や豚肉や鶏肉やラム肉などの肉類や、お魚や貝類やイカやタコや魚卵などの魚介類、牛乳やチーズや生クリームやバターなどの乳製品などです。肉類は脂が沢山付いていて、あまり健康に良い感じがしないのであまり食べないようにしています。肉類を食べる時は、鶏肉のささみや胸肉の皮を取ったものを食べています。鶏肉のささみは脂が殆ど付いていないので、淡泊な味ですが、高タンパク低脂肪なのでダイエットのメニューに向いています。でもただ湯がいて塩やポン酢を付けて食べると美味しいですし、レタスやトマトやタマネギやセロリや人参などの生野菜のサラダにトッピングして食べるのも美味しいです。鶏肉の胸肉も同じように食べています。お魚も脂身が多いですし、貝類やイカやタコや魚卵はプリン体が多い気がするので、ダイエットをしている時はあまり食べないほうが良いかなと思います。魚介類は高タンパク低脂肪ですが、プリン体が多いのと塩分も高いので、体がむくみやすくなってスタイルが悪くなるような気がします。そして乳製品も脂肪が多いので、ダイエットをしている時は食べません。元々乳製品は日本人の体に合わないというのをどこかの健康のサイトで見たというのもあり、ダイエットをしていない時もほとんど食べないようにしています。肉類と魚介類と乳背品は、ほとんと食物繊維が含まれていないので、そういったところもダイエットに不向きだと思います。逆に植物性食品は食物繊維が豊富ですし、ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれているので、ダイエットに向いている食品だと思います。植物性食品は野菜やフルーツやドライフルーツやナッツや穀物や豆類や海藻類などです。こういった食品だけを使った食事でも、ちゃんとタンパク質と糖質と脂質の三大栄養素をしっかりと取ることが出来ます。毎日の食事は玄米ご飯や野菜サラダや温野菜や生のフルーツや大豆を煮たものやお豆腐やおから、そして海藻サラダや昆布の煮物やめかぶ、おやつはフルーツやドライフルーツやナッツなどを食べると良いです。こういった食事をしていると自然と体重が減っていきますし、肌も透明感が出て綺麗になります。ダイエットをするには動物性食品をあまり食べないようにすると良いと思います。

私が現在ダイエットのために行っていることは2つあります。一つは「糖質制限ダイエット」です。これは、メディアなどでも騒がれていたりしたので聞いたことがある人も多いでしょう。テレビや雑誌などでは、お手軽に痩せられる、と謳われているかもしれません。しかし、とんでもなく辛いです。糖質制限ダイエットの書籍で研究したところによると、1日20g以下に糖質の量を抑えるべきとのことでした。「なぁんだ、0にしなくてもいいのか」と思ったそこのあなた。20g以下の糖質は、具体的には3食すべて炭水化物を抜かなくてはなりません。炭水化物は糖質と食物繊維が含まれているため、まず禁止です。そして、当然ですが、食後のスイーツや小腹がすいたときにチョコレートを食べるのも禁止です。また、ジャガイモなどの芋類やかば焼きなどの甘い缶詰、練り物などの糖質も気をつけなければなりません。そこまで気をつけて、やっと20g以下に抑えられるとのことです。無理だ、と思いました。なので、私は夕飯の炭水化物を抜くこと、スイーツを我慢することを徹底することにしました。すると、何だか体がスッキリとしてきて、体重が徐々に落ちてきました。炭水化物を抜いた分のカロリーは他でとらなくてはならず、おかずを2つ作っています。少し手間ですが、他のダイエットと比べると私には合っているようです。
ダイエットのためにもう一つ行っていることは、「ランニング」です。そんなに体育会系ではない私ですが、本当に無理のない程度にノロノロと20分程度走っています。ランニングは体を動かして汗をかくことが気持ちがいいので続けられています。辛い、と思うダイエットは絶対に続かないので、「今日は走りたくない」という日に無理して走ることは絶対しないようにしています。ランニングは朝の方がダイエットには効果的のようですが、私は朝でも夜でもどちらでもOKにしています。
「糖質制限ダイエット」と「ランニング」の組み合わせで体重がスルスルと減ってきています。糖質制限により、体の中に入る糖を制限します。体は運動の際に血中の糖を使おうとしますが、糖がなければ脂肪を燃やし始めます。つまり、糖質制限で血中の糖を少なくすることで、運動をした際に脂肪が燃えるようになるのです。これを認識した上で、私は2つのダイエットを組み合わせることにしました。どうせだったらなるべく最小限の努力で最大限の効果を出したいですよね。面倒くさがり屋で無理をしないことを信条とする私でも痩せられたのであなたにもできるはずです。

特に筋トレをしたいわけではなくむしろ筋骨隆々なのは苦手な私ですが、ダイエット目的で唯一筋肉に注目したものがあります。それは、太ももの筋肉を鍛えて代謝をアップ、脂肪燃焼を促進しダイエットに繋げるというものです。身体の中でもひときわ大きな太ももの筋肉、大腿筋やハムストリングは筋肉量をより増やすことで、体のゆがみの改善に繋がったり基礎代謝や脂肪燃焼を促進させるというのです。
私はもともとインドア派で非アクティブなので、脚は筋肉がみられずのっぺりとしています。どちらかと言えば脚は細いほうですが、動かないのでむくみがあり血色も悪いので見栄えが良くありません。10代の頃はとにかく細くて真っすぐな脚が良いと思っていましたが、近年は程よい筋肉と曲線美を備えた健康的な脚が美脚と言われるようになってきました。そんな美的意識も作用して、太ももの筋肉を鍛えてみることにしたのです。
脚の筋肉を鍛えると言えばスクワットが定番です。しかし、私のような筋トレ素人が見よう見まねでやっては膝や腰を痛めてしまいそうなので、スクワットはしません。まずはとにかく歩くことから始めました。犬を飼っているので、毎日1時間ほど散歩はしていました。その散歩の時間をたラダラ歩くのではなく、太ももの筋肉を意識しながら自分なりにキビキビ歩くようにします。キビキビ歩くようにすると自然と背筋が伸び、腕をしっかり振る歩き方に変わっていきます。それだけでも散歩終りの疲労感が増し、有意義な運動になりました。
外出時も、できるだけ歩く手間をかけるようにしています。田舎なので車移動が基本ですが、ショッピングモールなど大きなお店ではエレベーターやエスカレーターではなく階段を使うようにしました。
さらに、お店に限らず自宅でも階段をのぼる時は足先でのぼるようにしています。ヒール靴を履いている場合は危険なのでしませんが、かかとを浮かせて土踏まずから先だけをステップに乗せてのぼります。脛の筋肉に負荷がかかっている感じがあり、また足先だけでのぼると膝も曲がるので何となく大腿筋にも負荷を感じます。余裕があれば階段を一段飛ばしで足先で上がり、より負荷がかかるようで大きな階段では結構な運動になります。
日常生活のありきたりな動きばかりですが、筋肉に対する負荷を意識して動かすことで感じる運動量は格段に増えました。太ももの筋肉を鍛えることで代謝が上がったのかどうかは自覚しづらいですが、脚のむくみや血色は改善され、全体的に引き締まってきたように思います。

わたしがジョギングを始めたきっかけは、知り合いと一緒にリレーマラソンに出たことです。
一人5~6㎞ずつ走る大会だったのですが、普段まったく運動をしないわたしにとってはとんでもない距離でした。
マラソン大会のおよそ1か月前から、練習を開始し、最初の頃はすぐに筋肉痛を引き起こしていました。
練習を継続するうちに、ゆっくりしたスピードであれば5㎞ほどは休まず走ることができるようになり、少しやる気も出てきたのでランニングシューズも買いに行きました。
スポーツ用品店では、色々なスポーツ向けの靴が分類して並べられていました。
わたしが購入したのは安物でしたが、ランニング向けの靴となると、走りやすさがずいぶん向上します。
いざマラソン大会に出場し、とても苦しかったですが、達成感を味わうできました。

リレーマラソンは終わってしまいましたが、靴まで買ってせっかく始めたランニング、続けてみようかな・・・と思い、時間がある日は軽いランニングを続けました。
市が運営している施設でスポーツジムのようにランニングマシーンを利用できることを知り、雨の日はそういった施設を利用するようにもなりました。
昨今、健康志向が高まっていて、街中には走ったり歩いたりしている人がたくさんいます。
わたしは飽きが来ないように、公園や河川敷、ランニングマシーンなど走る場所を色々変えてみますが、どこへ行っても運動している人がいて、とても意識が高まります。
運動不足だったころは、人目に付く場所で走ることが恥ずかしくもありました。
少し走っただけで呼吸が荒くなり、明らかに辛そうな走り方や表情になっていることが自分で分かるからです。
ただ、公園を走っていると色々な人がそれぞれのペースで走っていることが分かります。
かなり高齢の人が元気にウォーキングしている姿を見かけることも少なくありません。

そういった環境でランニングを続けるうちに、だんだんと体が引き締まってきました。
運動した後はさっぱりした食べ物を好むようにもなり、食生活も変わってきました。
運動によるカロリー消費や発汗、食生活の変化によって体重は3kg以上減りました。
たった3kgのダイエットでも顔つきが変わったからか、痩せたことに気付いてもらえることが多かったです。
また生活に運動を取り入れることによって、肌質が改善しました。
もともとニキビができやすい肌だったので、状態がよくなったことはとても嬉しかったです。